▼HP概要
 ・プロフィール
 ▼FLASHゲーム
 ・パチンコゲーム
 ・パチ勝率占い
 ▼HP素材
 ・GIFフリー素材
 ・FLASHフリー素材
 ▼パチンコ釘講座
 ・デジパチ
 ・ハネモノ
 ▼パチンコツール
 ・セグ暗記ツール
 ・止め打ち練習
 ▼掲示板
 ・フォーラム
 ・雑談掲示板
 ▼相互リンク集
 ・相互リンク

 ・トップページへ





「レレレにおまかせ」 釘講座&攻略法

まず始めに釘講座から説明します。
攻略法は下の方に記載しています。



このCGは当サイトが製作したものです。無断使用は禁止です。

〜重要ポイントをしっかり覚えよう〜

レレレにおまかせシリーズは、パチンコ店が 調整してくる重要ポイントが3つあります。そのポイントを左の図でA・B・Cと分けてみました。
「A」は寄り釘です。この台は基本的に寄り釘が渋めなので、この部分がマイナス調整だとキツイので注意。
「B」はハカマ&落としです。スタートチャッカーに影響してくる場所です。羽根モノではここが命釘と呼ばれています。スタートチャッカーに入らないと羽根が開かないので、かなり重要ポイント。
「C」は2回開閉チャッカーです。ここに玉が入れば羽根が2回開くので、ここの釘が良ければ当然
入賞確率がかなりUPします。
以上の3つの部分が、パチンコ店が調整してくる重要な部分です。しっかり覚えましょう。


羽根への寄り釘周辺

〜きっちりと寄り釘をチェックしよう〜

まずは最初の全体図で説明した「A」の寄り釘部分の説明をしたいと思います。「A」の部分の拡大図が左の画像です。
この部分でもっとも重要な釘は羽根の横にある3つの釘です。

●「 青い矢印釘」は2つの釘の間隔が狭い方が良い。この2つの釘が広がっている台はダメ。(極悪釘)
● 「赤矢印」の釘は右下あるいは右向きが良い。下向きや左向きの場合には打たないこと。
●「風車」は左向きが良い。右向きの場合には打たないこと。
●「白矢印釘」 は右向き、あるいは右下の調整が良い。左に向いていると厳しくなります。
●「黒矢印」の2つの釘は右上あるいは上向きが良い。左向きになっている台は打たないこと。
黒色の四角で囲んである釘は無調整で十分。左向きになっていないかチェックする程度で良いので、気にしましょう。

正直ここで説明した寄り釘部分で、それ以外の釘を調整してくる店は羽根台の釘調整が好きな人がしているのだと思われます。上級者でないと釘が見抜けない場合あり。スキルアップするまで他の店で打つ事をオススメします。


1チャッカー周辺釘

〜チャッカー部分。風車がクセ者!〜

最初の全体図で説明した「B」のチャッカー周辺部分の説明をしたいと思います。「B」の部分の拡大図が左の画像です。
この台のチャッカー上の風車は他の羽根台と違います。風車が1チャッカーより若干左にずれて付いています。普通は1チャッカーの真上に付いていますが、左にずれて付いているのでチャッカー周辺釘は必ず良い調整でないとチャッカーに玉が入りません。注意して見ましょう。

●「 白矢印」の釘は左右の釘の間隔が広く、さらに上に向いている調整が良い。開いていても下向きなっている場合にはダメです。下向きにして広げている場合のことを騙し釘といいます。騙されないように注意しましょう。
● 「青矢印」の釘2つは間隔が狭い方が良い。玉がつまってしまいそうなくらいがベスト。上にある釘より間隔が狭いか見比べれば見やすい。ここが広いと、白矢印の釘がいくら良い調整でもチャッカーにたまが入らなくなるので注意。
●「赤矢印」の釘は左右に開いている方が良い。狭くなっていると厳しい。
●「白矢印釘」 は右向き、あるいは右下の調整が良い。左に向いていると厳しくなります。
●「風車」の釘は無調整で十分。若干上向きなら良いですが上向きすぎるとダメ。下向きの場合もダメ。左右に向いている場合もダメです。
●「青 色の四角」で囲んである釘は無調整かどうか注意しましょう。ここの釘が左向きになっていないかを要チェック。左向きになっていると極悪釘。左向きになっている場合は絶対に打ってはいけません。ボッタクリ店は必ずここを左向きにしています。注意して下さい。


2チャッカー周辺釘

〜2回開閉チャッカーも重要!〜

まずは最初の全体図で説明した「C」の2チャッカー周辺部分の説明をしたいと思います。「C」の部分の拡大図が左の画像です。
2チャッカー周辺釘がプラス調整だと勝率が上がるので注意して見ましょう。

●「 赤矢印」の釘は左右の釘の間隔が広く、さらに下に向いている調整が良い。開いていても上向きなっている場合にはダメです。
● 「黄矢印」の釘は上向きが良い。下向きだとダメ。
●「青矢印」の釘は左右に狭くなっている方が良い。広がっていると厳しい。

高換金の店ではプラス調整にしている店が少ないので、できるだけ無調整に近い釘を探しましょう。低換金の店の場合にはプラス調整を探しましょう。


攻略情報
ここからはV入賞UP攻略法を説明します。
マスターすれば勝率UP!




〜攻略法その1〜

〜チャレンジタイム継続UP打法〜

まず最初に1番簡単にできる攻略法から説明します。「レレレにおまかせ」は大当りの2ラウンドや7ラウンドの場合には最終ラウンドがチャレンジタイムとなります。チャレンジタイムは通常4分の1で継続します。ですがVを狙うことができます。狙うと継続率が大幅にUPします。
手順は、初心者の方は、とりあえず玉を羽根に5個入れたら打ち出しを止める。上級者は7個目の玉を入れないように、きっちり6個入れて打ち出しを止める。打ち出しを止めたら、左図の回転体の赤い部分にV入賞口がきたら玉を2発打ち出して下さい。左の図のVの位置がちょうど良い位置。2発打ち出したら打ち出しを止める。これの繰り返しです。
これだけで継続しやすくなります。ただし1つ注意しなければならない事があります。「レレレにおまかせ」の台のハンドルは感知が悪いので、打ち出し開始をしても玉が遅れて打ち出される事が多くありますので、左図の位置より少し早めに打ち出すように心がけて下さい。ほんの少し早くですよ。早すぎたらダメですよ。経験をつめば、タイミングが完全にわかるようになると思います。

補足:左図の説明。左図の回転体の下の部分が手前正面の位置。


〜攻略法その2〜

〜回転体スロー時の打ち方〜

チャッカーに玉が入ると羽根が開くと同時に回転体の回転が一定時間遅くなります。この時、数秒間の回転は遅いのでVを狙いやすいのでタイミングをあわせてみましょう。

☆初心者用の打ち方☆
Vの位置が左図の赤い部分では打ち出し。赤い部分でないところでは打ち出しを止める。赤い部分でないところは打ち出しても無駄なところなので打ち出さなければ玉持ちが良くなると同時にV入賞しやすくなります。スローの時はVの位置が真正面にくる少し前から打ち出す感覚で打ち出して、半回転したら打ち出しを止める事を心がけましょう。

☆上級者用の打ち方☆
Vの位置が左図の位置(真正面)にきたら3発打ち出し。打ち出した玉がチャッカーに入りそうになったら打ち出し再開。羽根が開いて玉が入ればV入賞確率がかなり高いです。

スロー回転時は、この打ち方の繰り返しです。最初はめんどくさいかもしれませんが、慣れると自然にできるようになります。習慣ってやつですか。(笑)これだけでも勝率はUPするのでがんばりましょう。


〜攻略法その3〜

〜通常回転時のV入賞UP打法〜

通常回転時もVを狙えます。しかし、単発打ちになるのでパチンコ店から怒られます。基本的にどの店も単発打ちは禁止だと思います。ですので投資金額を少なくするために、初当たりを引くまで単発打ちをしたり、ハマっている時等の一時するみたいな感じでして下さい。ずっとしていると見つかります。コッソリしましょう。(笑)

「手順」

☆初心者・中級者☆
左図の位置にVがきたら2個ほど玉を打ち出す。打ち出した玉がチャッカーに入りそうになったら打ちっぱなしで羽根に玉を入れる。これの繰り返しです。前にも言いましたが、ハンドルの感知が悪いので、打ち出し開始をしても玉が遅れて打ち出されるので、左図の位置よりほんの少し早めに打ち出すように心がけて下さい。玉がチャッカーに入ってスロー回転の時は上記で説明した攻略法その2の手順で打ってください。

☆かなりの上級者☆
左図の位置で1発づつ打ち出す。打ち出した玉がチャッカーに入りそうになったら打ちっぱなしで羽根に玉を入れる。これの繰り返しです。前にも言いましたが、ハンドルの感知が悪いので、打ち出し開始をしても玉が遅れて打ち出されるので、左図の位置よりほんの少し早めに打ち出すように心がけて下さい。
上級者用の打法は正直めんどくさいし疲れるし目立つので、あまりオススメできませんが頑張れる人はやってみて下さい。


〜で は 最 後 に 一 言〜

ここで説明した釘講座は基本的な部分ですが重要な部分です。きっちりと釘を見たら勝率は上がります。がんばってコツをつかんで下さい。

攻略法についてですが、攻略法1と2は必ず実践して下さい。慣れると楽にできるようになります。パチンコ台にはそれぞれクセがあるのでタイミングは微調整して下さい。微調整ができるようになれば立派です。経験どんどんつみましょう。
攻略法3についてですが、これは疲れるし店には怒られるので、しないようにしましょう。もし攻略法3をしようと思う方は自己責任にてお願い致します。当サイトに怒ったりしないように。(笑)責任はとりません。(きっぱり)


○ボーダーライン○
【無制限のお店】:1000円で羽根に平均5.5個以上の玉が入る台で打ちましょう。(2000円で9個以上)
【定量制のお店】:4000個出すと交換しなければならない店等では、 1000円で羽根に平均6個以上の玉が入る台で打ちましょう。

換金率や定量制など関係なく、1000円で平均7個以上羽根に玉が入る台があれば、お宝台なので1日中ねばって打ってみたらどうでしょうか。

最後まで釘講座および攻略法を読んで頂き有り難うございました。ハネモノに興味をお持ちの方は当サイトのフォーラムを是非1度覗いてみて下さい。 皆で色々と意見を出し合っているので、参考になるかもしれませんよ。