AURA'S WEB:パチンコ釘講座・潜伏確変機種情報・攻略法

 ▼HP概要
 ・プロフィール
 ▼FLASHゲーム
 ・パチンコゲーム
 ・パチ勝率占い
 ▼HP素材
 ・GIFフリー素材
 ・FLASHフリー素材
 ▼パチンコ釘講座
 ・デジパチ
 ・ハネモノ
 ▼パチンコツール
 ・セグ暗記ツール
 ・止め打ち練習
 ▼掲示板
 ・フォーラム
 ・雑談掲示板
 ▼相互リンク集
 ・相互リンク

 ・トップページへ




パチンコ「新海物語Withアグネス・ラム」 釘講座


新海物語Withアグネス・ラム全体図
サイト内の画像の無断使用・転載は禁止です。
○パチンコ機種情報○

■CR新海物語Withアグネス・ラム[MTM]
大当り確率 : 1/349.7
確変時 : 1/34.97
大当り出玉:約1290発
時短 :全大当り後100回転
確変突入率 : 68%
▼確変 振り分け
(15R確変:60%)(2R確変:8%)


■CR新海物語Withアグネス・ラム[MTL]
大当り確率 : 1/299.5
確変時 :1/29.95
大当り出玉:約1300発
時短 :全大当り後100回転
確変突入率 :56%
▼確変 振り分け
(15R確変:48%)(2R確変:8%)


■新海物語Withアグネス・ラムで 、パチンコ店が調整してくる重要なポイントをABCDの4つのポイントに別けて説明していきます。また、確変昇格判別も解説します。


上部ワープ周辺釘

上部ワープ周辺図
「「A」のところの上部ワープ周辺の釘を説明をします。※矢印の向きは良い釘調整の向きです。

【1釘】:1の釘は右上向きまたは右向きが良い。左向きや下向きはマイナス調整。
【2釘】:2の釘は無調整か、少しだけ下向きが良い。下向きの場合、1と3の釘の間をふさぐくらいの下向きだと逆にマイナス調整になるので注意。下向き加減がわからない場合は無調整を選んで下さい。ちなみに2の釘が上向きだと2と3の釘の間に玉が通りやすくなりすぎてワープにいかなくなる場合があるので注意。
【3釘】:3の釘は最重要箇所です。左向きが良い。右向きだとマイナス調整です。


「打つときに狙う場所(ベストストローク)」
・ワープ周辺の釘調整が悪くない場合
1と3の釘の間(ワープ)に玉が通る台なら黄色い矢印のあたりを狙って打って下さい。
もし、左側のワープより右側のワープの方が玉が良く通る場合は、赤矢印のところを狙って打って下さい。
左側と右側どちらのワープに良く玉が通るかわからない場合は、黄色い矢印の所と赤い矢印の所あたりを打ち比べてみて、どちらがよく回るか試して下さい。よく回る方(ヘソ入賞する方)で打って下さい。
・ワープ周辺の釘調整が悪場合
1と3の釘の間(ワープ)に玉がまったく通らない場合は、黒い矢印の所あたりを狙って打って下さい。
もし、ワープに玉が通るのか通らないのか、よくわからない場合は、赤色、黄色、黒色の矢印の所を打ち比べて、よく回る方 (ヘソ入賞する方)で打って下さい。



寄り周辺釘

寄り周辺図 左の「B」のところの寄り周辺釘部分の説明します。
※矢印の向きは良い釘調整の向きです。
※上か流れる緑色の線は、1番玉が通って欲しい道筋です。

【1釘】:1の釘は下向きか、右下向きが良い。上向きや左向きはマイナス調整。ここはお店がよく調整する箇所なので注意。
【2釘】:2の釘は右向きが良い。左向きや左下向きはマイナス調整。
【3釘】:3の釘は無調整が無難。1の釘がプラス調整なら若干の右向きもOK。左向きはマイナス調整。
【4釘】:4の釘は左向きが良い。右向きはマイナス調整。ここはよくお店が調整する箇所なので注意。
【5釘】:5の釘は左上向きが良い。下向きや右向きはダメ。
【6釘】:6の釘は右下向きが良い。上向きや左向きはダメ。
【7釘】:7の釘は左上向きが良い。右向きや下向きはダメ。
【8釘】:8の釘は無調整か右向きが良い。激しく左向きだとダメ。
【9釘】:9の釘は左向きが良い。激しく右向きだとダメ。
【10釘】:10の釘は右向きが良い。左向きはダメ。
【11釘】:11の釘は左向きが良い。右向きだとダメ。ここはお店がよく調整してくる箇所なので注意。
【12釘】:12の釘は左向きか左上向きが良い調整。右向きはダメ。
【13釘】:13の釘は右上向きや右向きが良い。左向きや下向きはダメ。
【14釘】14の釘は下向きや左下向きが良い。上向きや右向きはダメ。
【15】15の釘は左向きが良い。右向きはダメ。
【16釘】:16の釘は下向きか右下向きが良い。17の釘と間隔が狭くなるような調整がベスト。ここはお店がよく調整する箇所なので注意。
【17釘】:17の釘は上向きか左上向きが良い。下向きや右向きはダメ。ここはお店がよく調整する箇所なので注意。
【18釘】:18の釘は重要個所。右下向きや下向きが良い。19の釘より必ず下向きになっている事が重要。ここが左向きや上向きだとダメ。ここはよくお店が調整する箇所なので注意。
【19釘】:19の釘は重要個所。右上向きや、右向きや、上向きが良い。下向きや左向きはダメ。ここは必ず18の釘より上向きになっていないといけない。よくお店が調整してくる箇所なので注意。
【20釘】:20の釘は風車で、重要。ここの風車が左上向きが良い。特に上向きの高さがあればあるほど、玉が跳ねてステージに玉がのりやすくなります。ここが、下向きだと玉が跳ねなくなりステージに玉がのらなくなるので注意。

■ワンポイントアドバイス
緑色の矢印R1ルートは、玉がもっとも多く通らなければならない玉の軌道です。このルートに玉が通りやすいものを選ぶ感覚で釘を見ていきましょう。
釘2と4の間はもっとも玉が多く通って欲しいので注意。

■初心者の方へ■
とりあえず最低でも、1、4、11、16、17、18、19、20番の釘は絶対に見ましょう。慣れていたら少しずつ他の釘も見ていくようにしましょう。


スタートチャッカー・道周辺釘

スタートチャッカー・道周辺図
「C」のところのスタートチャッカー・道周辺の釘を説明をします。
※矢印の向きは良い釘調整の向きです。

【1釘】:1の釘は左上向き、または左向きが良い。ここは、かなり重要な釘です。右向きはダメ。
【2釘】:2の釘は右向きが良い。左向きや下向きはマイナス調整。
【3釘】:3の釘は無調整か、少しだけ上向きが良い。ぱっと見ただけで上や下向きになっているのが一目瞭然だとマイナス調整。ここの釘は激しく調整されないと、特に不利になる事はないので変な方向に激しく曲がってなければOKぐらいで見ておいて下さい。
【4釘】:4の釘はヘソ釘。ここの2本の釘は開いていて上を向いている調整が良い。ここの釘の間隔が狭くなるほど厳しくなるので注意。もっとも重要な釘と言っても良いくらいの箇所です。ちなみに開いていても下向きだとマイナス調整なので注意。
【5釘】:5の釘は右向きが良い。ここが左向きのマイナス調整になっていると時短中や確変中に玉が減るので注意。


アタッカー周辺釘

アタッカー周辺図 左の「D」のところのアタッカー周辺釘の説明します。主に左側部分を解説します。
※矢印の向きは良い釘調整の向きです。

【1釘】:1の釘は右下が良い。左向きや上向きはダメ。
【2釘】:2の釘は左向きや左上向きが良い。右向きや下向きはダメ。
【3釘】:3の釘は右上向きや右向きが良い。左向や下向きだとダメ。
【4釘】:4の釘は右向きが良い。左下向きはダメ。

■ワンポイントアドバイス
1と2 の釘の間隔が狭ければ狭いほど良い。逆に間隔が広くなるほど大当り出玉が少なくなるので注意。


大当り中の確変昇格判別法

セグ周辺図 ■注意事項
この機種は通常大当り後の時短中でも、内部的に確変の場合があります。ただ、内部的に確変だった場合には次回大当りまで時短(電サポ)が続くため潜伏確変の取りこぼしはありませんので、ご安心を。時短が終了したら、通常大当たりで確変は潜伏していなかったという事なので、時短終了後は即止めOK。

「内部確変の判別法について」
左の「E」のところのセグで大当り中の確変昇格や時短中の潜伏確変がすぐに判明します。 ひと足先に確変を判明させたい方は、ここを読んでください。
大当り中の昇格演出や時短中の確変かも?というドキドキをを楽しみたい方は、この部分を読まないで下さい。

「判別法」
通常図柄大当たり消化中に、赤色の矢印の部分のセグの形で判別。
セグの形での判別はパチンコ店ですると思うので、下記の携帯サイトに携帯電話でアクセスしてセグの形を見て判別をおこなって下さい。


■AURA'S WEB 携帯サイトのURL
http://aura.lolipop.jp/i/

■ AURA'S WEB 携帯サイトへのQRコード


新海物語Withアグネス・ラム  プチ攻略

まず初めに:このサイトでは「この出目が出たら後何回転後に当りやすい」や「こういう事をすれば確変で何連荘以上する」等のオカルト攻略は一切しません。
いかにデジタルがよく回る台を打つか。どうやって回転数を伸ばすか等を追求する攻略を主に取り扱います。パチンコが勝てるようになる攻略でもありませんのでご注意ください。
当サイトの情報は、それぞれ個人の自己判断・自己責任にてご利用ください。



時短中・確変中は止め打ちで出玉を現状維持!

確変中や時短中には止め打ちをしないと玉が減ります。
止め打ちをすると玉減りがなくなり、上手くすれば玉が増えることもあります。
ただし、この機種に限っては、スルー周辺釘がプラス調整の場合のみ、止め打ちの効果がでます。
スルー周辺釘がプラス調整でなければ、止め打ちをせず、普通に打ちましょう。
また、止め打ちをしてみて効果がないようなら、止め打ちは止めて普通に打つ事。


[止め打ち攻略の方法]
電チューが開いたら3〜4発を打ち出す。

これを繰り返すだけです。
スルー周辺釘がプラス調整になっていなければ、時短100回転の間に玉が100発ほど増えます。

※ スルー周辺がマイナス調整で電チューがあまり開かない時は、必ず止め打ちせずに普通に打って下さい。


〜ちょっとした節約を身に付ける〜

■ちょっとした事で回転率UP
@ 保留ランプが3つついたら打ち出しSTOP。保留は4つまでしかできないので、保留ランプが4つついてスタートチャッカーに玉が入っても意味がないし、玉がもったいないので玉の節約の意味をこめて実行して下さい。これも持ち玉が良くなり回転率が少し上がります。
A 大当り終了後はアタッカーが閉まっても少しだけ図柄が回転を始めるまで時間がかかります。なので、大当り終了後は図柄が回転を始めるまで打たないようにして無駄玉を省きましょう。通常画面に戻って図柄が回転しだしてから打ち始めるクセをつけましょう。
B ステージに玉が乗ったら打ち出しSTOP。これをする事によって、ほんの少し回転率が上がります。



〜ボーダーラインを意識する〜

ボーダーライン:とは理論上収支をプラスマイナスゼロにする損益分岐点に必要な、1000円で必要な回転数を表したもの。ですからボーダーラインの回転数より1回転以上多く回る台をGETしましょう。このサイトでのボーダーラインの数値は長時間打てる時間(6時間以上)があるのもとし、尚且つお店が無制限での営業の場合においての数値です。もしアタッカー周辺釘が良く、いつもより大当り出玉が多く獲得できる場合には、このサイトに書かれているボーダーラインの数値から1回転引いて下さい。アタッカー周辺釘が悪く、いつもより大当り出玉が少ない場合には、このサイトに書かれているボーダーラインの数値から1回転足して下さい。

【CR新海物語Withアグネス・ラム[MTM]】
■大当り確率
通常:1/349.7
■平均出玉
約1290発
■ボーダーライン(1000円で必要なデジタル回転数)■
2.3円=24回
2.5円=23回
3.0円=21回
3.5円=20回
4.0円=18回

【CR新海物語Withアグネス・ラム[MTL]】
■大当り確率
通常:1/299.5
■平均出玉
約1300発
■ボーダーライン(1000円で必要なデジタル回転数)■
2.3円=25回
2.5円=24回
3.0円=23回
3.5円=21回
4.0円=20回



ボーダーラインの数値左に書かれている数値[2.5円等]はパチンコ玉1玉の換金率です。店の換金率にてボーダーラインは変わってくるので店員に聞いて下さい。

ボーダーラインの数値より1回転でも多く回る台を打ち続ければ、年間トータルで勝率がUPすると思います。毎日勝てる事は不可能ですが長い目でみて勝てれば良いという方には良いかもしれません。